お礼状の書き方と例文

ビジネスシーンやプライベートでお礼状を出す機会は意外と多いかもしれません。上司など目上の方にお世話になったり、贈り物を頂いたりした場合などに、お礼状を出すのはマナーですよね。

 

目上の方にお世話になったり、贈り物頂いた時には3日以内にお礼状を出しましょう。無事に贈り物が届いたご報告もかねていますので早めに出すのがマナーです。

 

 

お礼状をハガキで出すのは、誕生日など比較的簡単なお礼の場合のみです。便箋にくらべ略式な印象になりがちなので注意しましょう。

 

便箋でお礼状を出す時は、白無地・縦罫の封筒・便箋がおすすめです。目上の方に出す場合、弔事や改まった文章を書く場合には必ず白無地・縦罫の封筒・便箋にしましょう。

 

色や柄が入っているものは可愛いのですが、どうしてもカジュアルになってしまいがちなので横罫も避けたほうが無難ですね。家族や友人など親しい関係の人に送るのであれば、色や柄が入っているものでも構いません。

 

縦書きするのがGOOD

 

封筒の宛名なども、もちろん縦書きするのがマナーです。住所の番地は漢数字で書きましょう。目上の方に出す時は、マンション名など略さずキチンと書いて下さい。

 

会社内の人に出す場合は社名の下に一字分スペースを空けて部署名を書くか、改行して書きましょう。相手の名前は差出人の名前や本文より大きめに書いて下さい。

 

そしてお礼状は前文・主文・末文・後付の順序で書きましょう。前文はまず頭語の「拝啓」と書くのが一般的ですが、目上の方やビジネスシーンでは「謹啓」「謹呈」を用いると良いですね。親しい間柄なら「前略」から主文に入っても大丈夫です。

 

季節の挨拶があれば感じがいい

 

頭語の次は時候の挨拶を入れましょう。ビジネスシーンでは「〜の候」と入れますが、お礼状の場合それだけだと素っ気ない印象になってしまいます。その季節にあった時候の挨拶を入れることでグッと感じが良くなります。

 

主文では突然お礼文を書くのではなく「さて」や「この度は」などワンクッションおきましょう。適度に改行を入れると相手も読みやすいですね。もちろん敬語にも気を付けて、お礼の気持ちを込めて丁寧に書きましょう。なるべく明確に分かりやすく書くのがポイントです。

 

末文・結びの挨拶は時候の挨拶と繋がるように書きましょう。相手の健康や活躍、繁栄などを祈る言葉を添えると良いですね。末文・結語は頭語とセットで使います。

 

目上の方には「謹言」「謹白」、親しい間柄の人には「草々」を使うのが一般的です。後付はお礼状を書いた日付と差出人、宛名を書きます。

 

誤字脱字に気を付けることも大切ですが、あなたの感謝と誠意を伝えることが何より大切です。

 

お礼状の例文

 

○○様
この度は、大変結構なものを頂戴し、誠にありがとうございました。つきましては、御礼を申し上げたく、このような形ではありますが、お礼の言葉とさせていただきました。
お世話になってばかりで恐縮ですが、今後ともどうぞお付き合いいただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。末筆ながら、○○様のご健康ご健勝をお祈りいたします。

 

 

 

〇〇様

 

こんにちは、いつもお世話になっております。お礼が遅くなり申し訳ございません。
先日は、誕生日に贈り物をいただきまして、誠にありがとうございました。そして、心のこもったメッセージカードも頂戴し、感動いたました。
この度は大変感謝しております。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。季節柄、ご自愛くださいませ。

 

平成〇年〇月〇日  〇〇

 

 

 

田中様
拝啓 新緑の候、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
先日は大変美味しいお食事をご馳走になり、本当にありがとうございました。
また、普段はなかなか伺うことのできないお話を拝聴でき
時が経つのも忘れ、大変有意義なひと時を過ごすことができました。
機会がございましたら、是非お返しさせていただきたく存じます。
今後とも末永くお付き合いをよろしくお願い致します。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。ありがとうございました。
敬具

 

 

 

○○伯父さん
先日は美味しい果物を送ってくださり、ありがとうございました。やはりそちらのイチゴは甘くておいしいですね。
妻は初めて食べたようですが、とても美味しいと喜んでいました。年末にはそちらへ伺うことができそうです。
妻と一緒に顔を見せに行きますね。季節の変わり目なので、体調に気を付けてお過ごしください。

 

 

 

拝啓
朝晩だんだんと冷え込み、紅葉も見頃を迎える季節となりました。○○様はいかがお過ごしでしょうか。
このたびは心温まる結婚祝いを送っていただき本当にありがとうございました。まだまだ結婚したばかりで未熟ではございますが二人で温かい家庭を築いてまいりたいと思います。
どうぞ温かく見守っていただければ幸いでございます。いただいた品物は大切に使わせていただきます。
近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

 

○○ ○○
敬具

 

 

 

○○様

 

拝啓 清秋の候、○○様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。
先日は、お宅にお招き頂き、また数々の大変心のこもったおもてなしを本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
美味しいお食事と美味しいお酒、また、ゆったりとした時間を○○様と過ごし、普段はなかなか出来ないお話もたくさんすることができ、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
今度は我が家にも是非いらしてください。心より歓迎いたします。
季節柄、お身体に気をつけてお過ごしください。
敬具

 

 

 

拝啓
夏が終わり、ようやく過ごしやすい季節がやってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

この度は○○間にわたる実習の機会をくださってありがとうございました。
短い間でしたが、実際に病棟で患者さまと接する事で、寄り添って共感する事の大切さを学びました。
また毎日患者さまと接する事でわずかな体調の変化を見過ごさす、医師に情報提供をし、積極的に治療に携わっていく事が重要だと感じました。

 

学校では絶対できない貴重な経験となりました。
今後は国家試験に合格するために勉学に励み、社会人として現場に出た際に○○病院での経験を生かしていきたいと思います。
これから寒い季節がやってきますので、どうか皆様お体に気をつけてお過ごしください。
敬具

 

平成○年○月○日
○大学
○○ ○○

 

○○病院 
○○様
皆様

 

※著作権は放棄していないのでコピペしてwebで公開するのは禁止です。
トップへ戻る